お問い合わせ・ご予約はお気軽に 087-831-7562

香川県 高松市 整形外科 形成外科

お肌のお悩み

MOBILE SITE
ホーム»  お肌のお悩み

しみ

一般には「30歳前後から出現する顔面の色素沈着」を総称して“しみ”と呼ぶことが多いです。
その中に含まれる代表的な疾患には老人性色素斑、脂漏性角化症、雀卵斑(そばかす)、肝斑、炎症後の色素斑などが含まれています。
しみの治療で一番大切なことは、何と言っても紫外線の防御です。

老人性色素斑

境界明瞭な類円形の淡褐色から黒褐色の色素斑で、40歳代以降に顔、前腕から手背や下腿から足背など日光にさらされる部分に出現します。
レーザーによる治療が最適です。レーザー治療に至らない場合は、ハイドロキノンの塗布やビタミンCの内服を行います。

脂漏性角化症(老人性疣贅)

30歳代以降に顔面・頭部・体幹に多発する丘疹で、しばしば老人性色素斑と混在します。
大きさや色調、形態も様々で、表皮の加齢変化と言われており、長期の紫外線照射が誘因と考えられています。
レーザー治療の良い適応であり、外科的切除も行います。

肝斑

境界明瞭な類円形の淡褐色から黒褐色の色素斑で、40歳代以降に顔、前腕から手背や下腿から足背など日光にさらされる部分に出現します。
レーザーによる治療が最適です。レーザー治療に至らない場合は、ハイドロキノンの塗布やビタミンCの内服を行います。

しわ

しわやにきび跡の陥凹など

境界明瞭な類円形の淡褐色から黒褐色の色素斑で、40歳代以降に顔、前腕から手背や下腿から足背など日光にさらされる部分に出現します。
レーザーによる治療が最適です。レーザー治療に至らない場合は、ハイドロキノンの塗布やビタミンCの内服を行います。

刺青

外傷性刺青

擦り傷などの受傷の時に砂、土、アスファルトなどの小さな異物が真皮に着いたまま皮膚ができて傷が治り、傷跡に異物が残ったままとなった物です。
色素斑などと同じようにレーザー治療が行われます。ただ、レーザー照射によっても退色を得られない場合もあり、外科的な治療が必要となることもあります。

装飾刺青・医療刺青

いわゆる刺青の他、眼瞼や眉毛部のアートメーキングなどです。
レーザー照射による治療が行われます。
ただ、レーザー治療によく反応するものから、レーザー照射によって退色を得られず、かえって黒色変化を生じるものまで有るため、治療結果の予測には経験と知識が必要であり、レーザーの試験照射を行います。

皮膚・皮下の腫瘍

腫瘍とは「できもの」のことですが、腫瘍には良性のものから悪性のものまで、たくさんの種類があります。
良性の場合、特に問題はありませんが、見た目が気になったり次第に大きくなるものは切除することができます。
悪性の場合には早めの診断と切除を含めた治療が必要です。

粉瘤(アテローム)

皮膚の下に袋状のものができ、皮膚から剥げ落ちるはずの垢(角質)と皮膚の脂がその中に溜まってしまったものです。
良性の腫瘍ですが、ときに化膿して真っ赤に腫れ上がったり、膿が出てきたりします。
化膿した場合は切開して膿や内容物を出しますが、特に化膿を伴わない場合は手術的に摘出し縫合することになります。

黒子(ほくろ)

幼小児期から出現する色素性母斑の比較的小さなものを「黒子(ほくろ)」と称しています。
円形のものが多く、周囲皮膚と同じ高さのものと、半球状に隆起したタイプがあります。
レーザー治療の対象になるものもありますし、外科的な切除により取り除くこともあります。

尋常性疣贅(いぼ)

ヒトパピローマウイルス感染により、手足に好発します。
液体窒素による凝固除去を行いますが、再発することもあります。

悪性腫瘍

いわゆる「皮膚がん」のことです。
放置しておくとがん細胞が増殖し、転位することもあります。
しみや黒子(ほくろ)と似ていたりして、良性か悪性か判断がつき難いことも多いので、気になる時には早めの受診をお勧めします。

怪我

体の浅い部分のけが、傷の修復は形成外科を受診してください。
傷跡もできるだけ目立たなくすることを心がけております。

手術後の傷跡

手術後の傷跡をよりきれいで自然な状態にするための手術を行なっております。

やけど

やけど跡が気になる方はご相談ください。切除縫合術、植皮術、削皮術にてさまざまなやけど跡の修復をおこなっております。

帝王切開

帝王切開の後で傷跡が思ったようにきれにならずお悩みの方はご相談ください。当院にて形成外科的手術により傷を目立たなくすることができます。

Page Top